ホーム > 製品情報 > STS用 > トレパニング加工

STS (シングルチューブシステム) トレパニング加工

トレパニング加工

トレパニング加工はコアを残して穴加工を行う加工方法です。ソリッド加工(むく穴加工) にくらべて少ない消費動力で加工することが可能であり、主に大径の穴加工に使用されます。また、穴径中心にコアが残るため、高価な材料を加工する場合や加工後にコアを材料試験片として利用する場合にも有効です。


インデクサブルタイプ

外ネジタイプ

形式 工具径
Dc(mm)
公差 面粗さ
Ra
 
UTT Trepanning Head 100.00 - 328.00 IT10 1-2μm

内ネジタイプ

形式 工具径
Dc(mm)
公差 面粗さ
Ra
 
UTT Trepanning Head 100.00 - 305.99 IT10 1-2μm

※ フランジタイプもございます。詳細はお問い合わせください。